香水の魅力!

香水は、その人の魅力をひきだすものでなければならない。つけすぎると嫌がられるし、この香りが自分が好きだなと思ってつけていても周囲から鼻をつままれたり、似合わないと思われる香水をつけるのはどうかなと思う。私は、香水の匂いが苦手だけど、昔付き合っていた彼がつけていたブルガリの香水の匂いは好きだった。
彼はブルガリ・プールオムが気に入っているみたいで、
彼が香水をつけるときは、つけすぎず少しだけほのかに香る感じだった。彼に恋をした時、この香りも鮮明に覚えている。匂いは五感なので記憶に残りやすいのか、彼と別れた後でもその香りをつけた人とすれ違うと彼じゃないかとふりかえってしまうほど香りというのは記憶に残っている。以前彼から香水をかりてつけたことがあった。私は、他の香りの強めの香水の匂いをかぐと気分が悪くなったり、頭が痛くなったりしてしまうのだが、彼から借りた香水は彼の匂いだったから嫌じゃなかった。今でもブルガリの香水の香りをかぐと思い出す甘くて苦い初恋の思い出。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です